中山 章子

料理研究家・フードディレクター

 

プロの味わいをいかにそのままに、そして効率よく家庭料理に再現できるかを課題に、多ジャンルの料理を研究。気分が落ち込んでいる時にでも、一品の料理か ら元気が出て会話が生まれるようなレシピ作りを心がけています。料理の基本は大切に保ち、後は自由に発想し、クリエイティビティーの高いメニューを研究・ 開発する事に努めています。
料理の秘訣は、それぞれが持っている素材の良さと旨味を充分に引き出すこと。そして彩りよく 美味しそうに盛りつけること!一目見ただけで「わあ、おいしそう!」という料理、そしてやっぱり食べてもおいしい料理を作る事が料理の基本と考えます。そ して、食べる人の体調を考える事も大切。例えば、運動の前などはすぐエネルギーになるものを、体が疲れている時はビタミン豊富なもの、胃腸の働きが低下している時は負担のかからない料理など、その時々の気遣いも大事な事です。
美味しいものをみんなで食べると目が輝き、元気が出ますよね!体の為にも量より質、一品の料理から会話が弾む、そんな楽しい食卓作りをいつも心がけています。


略歴
主に広告分野において、メニュー・レシピ開発・商品開発・スタイリングを含む
フードコーディネートを手がける。羽根木の森クッキングサロン主宰

 

清泉女子大学卒業。料理指導、スタイリストを経て
1987年 事務所設立    
1989年 中野区自宅に撮影用スタジオ施設、新事務所設立
2010年 世田谷区羽根木の森にAkko's Kitchenスタジオ、及びサロン開設

2012年 テレビ朝日映像(ViViA)クリエーターエージェンシーにクリエーターとして所属